包茎手術の基礎知識TOP > 真性包茎 > 真性包茎の問題点

真性包茎の問題点


真性包茎にはさまざまな問題点があります。

真性包茎は不衛生

真性包茎の場合亀頭包皮に覆われているため包皮の中を洗うことができないので恥垢が溜まりやすく、悪臭を放ち、とても不衛生です。

また恥垢は不衛生だけでなく、亀頭包皮炎などの感染症や性病の原因ともなりかねません。

不衛生な状態や感染症などになっている際の性行為は相手の女性の不妊症の原因や子宮頚癌子宮ガンの1つ)を引き起こすともいわれていますので、自分だけの問題ではありません。

真性包茎は亀頭の成長が妨げられる

真性包茎は亀頭部が包皮に覆われているため、亀頭の正常な発育が妨げられ、短小や先細りの原因になることがあります。

真性包茎は性行為(SEX)が困難

真性包茎の場合コンドームがうまく密着しなかったり、脱落し女性の膣内にコンドームが残されてしまうこともあります。

またそもそも膣内に陰茎(ペニス)を挿入すること自体が困難な場合もあります。

真性包茎は男性不妊の原因

真性包茎の場合、勃起時も亀頭が包皮に覆われているため、射精しても子宮に精子が十分行かず、男性不妊の原因になることもあります。

成人の真性包茎は自然に治ることは無く、以上のような問題点があるため、包茎治療・包茎手術、または仮性包茎にするよう矯正・改善する必要があります。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved