包茎手術の基礎知識TOP > 真性包茎 > 真性包茎の原因

真性包茎の原因


真性包茎の原因は、包皮亀頭がくっついて(癒着)半一体化している状態と、包皮口が狭く亀頭を露出させる事ができない状態に分けられ、これらが合併している事もあります。

包皮と亀頭の癒着は年齢と共に自然と剥がれていき、個人差がありますが思春期頃にはほとんどの人が癒着は剥がれていくといわれています。

しかし人によっては10代後半から20代に入っても癒着が剥がれない場合があり、これが真性包茎の原因となっているのです。

また包皮と亀頭が癒着している場合に自分で無理に剥がそうとすると、亀頭が削れ出血する場合もありますので、癒着は絶対に無理に剥がさず、泌尿器科などの専門医に相談しましょう。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved