包茎手術の基礎知識TOP > 仮性包茎 > 仮性包茎とは

仮性包茎とは


仮性包茎とは、平常時は亀頭の一部または全部が包皮に覆われていますが、勃起時や手を使って剥けば亀頭を露出させることができる包茎のことです。

一方、勃起時や手を使っても亀頭を露出させることができない包茎を真性包茎、強引に自分で包皮を剥いて包皮が元の位置に戻らなくなり、亀頭の根元を締めつけてしまう包茎をカントン包茎といいます。

仮性包茎を大きく2つに分けると・・・

・通常時は亀頭が包皮に覆われているが、勃起時には剥ける

・通常時も勃起時も亀頭は包皮に覆われているが、手で剥ける

このように一口に仮性包茎といっても、包皮の余り具合や亀頭の大きさによって人それぞれ状態が違い、包皮を剥くときに痛みを伴う人や伴わない人がおり、基本的にはお風呂などで包皮を剥いた状態で亀頭などを毎日洗浄し、清潔にさえしていれば通常生活はもちろん、性行為にも問題ないといわれています。

また日本では包茎の人のほとんど、約70%がこの仮性包茎だといわれ、仮性包茎が真性包茎・カントン包茎と違う点は、平常時・勃起時ともに包皮を手で剥こうと思えばいつでも剥けるということです。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved