包茎手術の基礎知識TOP > カントン包茎 > カントン包茎とは

カントン包茎とは


カントン包茎包皮を剥いて亀頭を露出させることができますが(包皮口が狭いため剥けない場合もある)、剥くときに痛みを伴ったり、剥けても包皮口が狭くて亀頭にひっかかってしまい包皮を戻せなくなってしまい、そのまま包皮を戻さないでいると亀頭が締めつけられ、包皮が腫れ上がり、その状態が続くと最悪の場合、亀頭(陰茎)が鬱血(血液の流れが悪くなる)して壊死(えし)してしまうこともある包茎のことです。

一方、真性包茎は基本的に包皮を剥いて亀頭を露出させることができず、仮性包茎はカントン包茎と同じく包皮を剥いて亀頭を露出させることができますが、カントン包茎と違う所はいつでも元に戻すことができ、剥くときにも基本的には痛みを伴ないません。

カントン包茎を無理に矯正させようとすることは危険です(カントン包茎の矯正方法)。また包皮を戻せなくなった場合は、亀頭を鬱血させ、壊死させる恐れがありますので、早急に泌尿器科などで専門医に相談しましょう。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved