包茎手術の基礎知識TOP > 包茎の知識 > 包茎

包茎


包茎とは亀頭陰茎先端部)が包皮で覆われている状態のことで、産まれたばかりの赤ちゃんは陰茎をバイ菌や刺激から守るために包茎(生理的包茎)の状態が普通で、成長と共に亀頭が自然と露出されるようになります。

亀頭が露出する時期には個人差がありますので一概にはいえませんが、早ければ3歳頃から、一般的には思春期以降だといわれています。

しかし成人になっても何らかの原因によって亀頭が露出されず、包皮に覆われたままの包茎は、剥くクセをつけたり、手術や矯正器具を使用しなければ自然に治ることはありませんので、その事により悩んでいる男性が多いようです。

包茎は、真性包茎仮性包茎カントン包茎の3種類に分けられ、日本人の成人男性の約半数以上が包茎ともいわれています。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved