包茎手術の基礎知識TOP > 包茎手術の方法 > 亀頭下環状切開術

亀頭下環状切開術


亀頭下環状切開術とは、環状切開術亀頭直下埋没法を組み合わせた方法で、環状切開術の傷跡が目立ちやすいというデメリットと、亀頭下埋没法のデメリットを補い、ほぼすべてのタイプの陰茎(ペニス)で可能な包茎手術です。

亀頭下環状切開術のメリット

・比較的簡単な手術で腫れが残りにくく、自然な感じに仕上がる

亀頭下のやや厚い包皮部分で縫合するため、通常時は傷が包皮外板に隠れた状態になり傷跡が目立ちにくい

・ツートンカラー(傷跡や包皮内板の色の差)が目立ちにくい

・勃起時のツッパリ感がほとんどない

・性感の上で大切な包皮小帯は残しますので、感度の低下がほとんどない

亀頭下環状切開術のデメリット

・基本的に感度の低下はほとんどないが、亀頭直下を切るため人によっては感度が悪くなる場合がある




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved