包茎手術の基礎知識TOP > 包茎の知識 > 包茎手術の歴史

包茎手術の歴史


世界的に見れば包茎手術の歴史は古く、古代エジプトやユダヤで割礼(かつれい)と呼ばれる包皮を切除する方法で、宗教的な理由により行われていました。

その後、欧米でもこの割礼は行われるようになり、特に新生児の包皮切除は習慣化されていきました。

しかしこの新生児における包皮切除は大人になってからさまざまな問題が起こる可能性があるとして、近年では急激に減少傾向にあります。

日本ではこのような習慣もなく、新生児における包皮切除が行わることはほとんどなかったので、包茎手術がいつ頃から行われるようになったのかはハッキリしていませんが、基本的にはいまでも新生児における包茎手術よりも、成人になってから包茎手術を受ける割合のほうが多いようです。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved