包茎手術の基礎知識TOP > 病院選びのポイント > 泌尿器科で受けるためのポイント

泌尿器科で受けるためのポイント


まず医師免許を取得してさえいれば泌尿器科に限らず、医師免許を有する医師が届出さえすれば自由に科目を選択でき、なおかつ複数の科目を告知することも可能です。

従って、泌尿器科専門医でなくても泌尿器科を開業する事は可能です。

ですので泌尿器科で包茎手術を受ける場合は、泌尿器科専門医かどうかが大きなポイントとなります。

泌尿器科で包茎手術を受けるメリット

・日本全国どこにでもある

真性包茎の場合は健康保険が適用されるので医療費が安くてすむ

泌尿器科で包茎手術を受けるデメリット

・健康保険を使う場合、家族や職場の同僚に知られる可能性がある

・美容外科などで行っている最先端の治療を行っていない場合がある

・施術方法が限られる場合がある




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved