包茎手術の基礎知識TOP > 包茎関連の病気 > 陰茎ガン

陰茎ガン


陰茎ガンとは、陰茎(ペニス)、または亀頭冠状溝包皮に発生する「扁平上皮癌」といわれているガンのことです。

陰茎ガンの原因

陰茎ガンの原因は不明な場合が多いのですが、包茎の人に多く発生しているともいわれていますので、恥垢が原因の1つとも考えられています。

その他には性行為で感染するヒト乳頭腫ウイルス(悪性型)も原因の1つと考えられています。

陰茎ガンの症状

陰茎ガンは、一般的に痒みや痛みを伴わず、陰茎の包皮外板に発生し、症状が進行するにつれ尿道、海綿体へ浸潤し、排尿が困難になる事もあります。

陰茎ガンは男性のガン発生率の1%以下と、それほど発生率が高いガンではありませんが、早期発見が難しいといわれていますので、日頃から恥垢をためないなど、陰茎を清潔に保ち、予防することが大切になってきます。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved