包茎手術の基礎知識TOP > 包茎関連の病気 > 子宮ガン

子宮ガン


子宮ガンは女性にできる悪性腫瘍で、子宮頸部に発生する子宮頸ガンと、子宮体部の粘膜にできる子宮体ガンの2つに分けられます。

子宮ガンの原因

子宮頸ガン

子宮頸ガンは性行為などによってヒト乳頭腫ウイルスが感染したことが大きな原因といわれています。また男性側の恥垢が原因ともいわれていますので、特に恥垢がたまりやすい包茎の人は相手の女性の事考え、常に清潔を心がける必要があります。

子宮体ガン

子宮体ガンは女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が大きな原因と考えられています。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved