包茎手術の基礎知識TOP > 包茎関連の病気 > 尿道炎

尿道炎


尿道炎は尿道に各種微生物や細菌(淋菌・クラミジア・雑菌)が付着、侵入し、炎症を起こす性感染症(STD)の1つです。

多くの場合男性に見られる性感染症ですが、女性の場合にも見られ、女性の場合は自覚症状がなかなか現れにくいことが特徴です(性感染症とは呼べない尿道炎もある)。

尿道炎の原因

尿道炎は性行為などで感染する事がほとんどですので、男性の場合は恥垢がたまりやすい包茎の人は雑菌などもたまりやすくなりますので、常に衛生面には気をつけることが大切です。

また不特定多数との性行為は尿道炎の危険性が高まりますので、コンドームを使用するなどして予防する事も大切になってきます。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved