包茎手術の基礎知識TOP > 子供の包茎 > 子供(新生児)の包茎は手術を受けるべき?

子供(新生児)の包茎は手術を受けるべき?


子供の包茎をそのまま放っておくほうが良いのか、手術をしたほうが良いのかは一概にはいえません。

放っておいてもいずれ剥ける可能性があるのに、わざわざ手術をする必要はないともいわれていますし、一方では剥けるかどうかも分からないのなら、もし剥けなかった場合、思春期以降にコンプレックスになったり、悩むことになるので、早めに手術をするべきだともいわれています。

ただ亀頭包皮炎を頻繁に起こしたり、おしっこがしにくいという場合には、小児科や泌尿器科の専門医に相談し、手術についても考えたほうが良いかもしれません。

アメリカなどでは子供(新生児)の包皮切除が習慣化して行われてきましたが、近年ではこのような習慣も見直され、急激に子供(新生児)の包皮切除は減少傾向にあります。

そもそも包皮には亀頭をバイ菌や刺激から守る働きがあり、特に新生児はまだ免疫力が弱く、この時期に包皮を切除し亀頭を露出させると、さまざまな不都合が生じる場合もあるので、もし包茎手術をする場合でも3歳以降が良いとされています。

子供(新生児)に行う包茎手術としては、背面切開法保存療法が一般的に多く行われているようです。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved