包茎手術の基礎知識TOP > 子供の包茎 > 子供(新生児)における包茎手術のデメリット

子供(新生児)における包茎手術のデメリット


子供(新生児)における包茎手術のデメリットとしては・・・

包皮を切除する手術の場合、思春期以降陰茎(ペニス)の勃起時に突っ張り、痛みを感じる場合がある

・包皮を切除する手術の場合、どれほど切除すればよいのかが難しい(子供の成長は予想できないため)

その他、子供(新生児)における包茎手術のデメリットとは思春期以降に行う手術と同様のデメリットがあります(包茎手術のデメリットは?

しかしいまでは保存療法という手術によらず、包茎を矯正、改善していく方法もありますので、子供(新生児)の場合にはこのような矯正法が理想的だとされています。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved