包茎手術の基礎知識TOP > 包茎関連の病気 > 亀頭包皮炎

亀頭包皮炎


亀頭包皮炎(きとうほうひえん)とは包皮亀頭との間に細菌が入って炎症を起こし、亀頭が赤く腫れたり、膿が出たり、排尿時に痛みを生じる症状の事です。

亀頭包皮炎の原因

亀頭包皮炎は主に恥垢が溜まりやすい包茎の人や、小児(生理的包茎)によく見られ、包茎の人以外でも性行為などで亀頭や包皮に傷ができ、そこから雑菌などが感染して起こる場合もあります。

亀頭包皮炎の治療

亀頭包皮炎の治療には抗生物質の内服や外用が行われ、予防としてはお風呂などで恥垢をキレイに洗浄したり、汚れた手で陰茎をさわらないことが大切です。

また包茎の方で何度も亀頭包皮炎を再発する場合は、包茎手術を考えたり、専門医に相談しましょう。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved