包茎手術の基礎知識TOP > 包茎手術の方法 > 恥骨部脂肪吸引術

恥骨部脂肪吸引術


恥骨部脂肪吸引術陰茎(ペニス)、太ももの付け根を数ミリ?1cm程度切開し、細い吸引管を挿入し、恥骨付近の余分な皮下脂肪を吸引し、脂肪に埋もれた陰茎(ペニス)を出し、以前の長さに戻す手術です。

この恥骨部脂肪吸引術は、美容外科治療で行う脂肪吸引の手術と同様の施術で、埋没型包茎で、陰茎(ペニス)の周りに脂肪が多くついてしまっている場合に行います。

?恥骨部脂肪吸引術のメリット?
・脂肪に埋もれていた陰茎(ペニス)が出ることで、以前の長さが戻る
・下腹部の脂肪を吸引することによって、スタイルが良くなり、引き締まる
・一度吸引した脂肪細胞は元に戻ることが無いため、再び脂肪がついてしまうことがない
・手術時間が短い(約30分程度)

?恥骨部脂肪吸引術のデメリット?
・この恥骨部脂肪吸引術と、その他の包茎手術を併用する必要がある場合がある



年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2019 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved