包茎手術の基礎知識TOP > 用語集 > 不妊症

不妊症


通常の性生活を行っている夫婦が一年以内に妊娠する確率は70〜80%、二年以内で90%以上といわれ、そのため避妊をせずに普通に性生活を行っている夫婦が2年以上子供ができない夫婦のことを不妊症といい、日本では夫婦の約1割が不妊症だといわれており、晩婚化などにより不妊症に悩んでいる夫婦は増加傾向にあると言われています。

不妊症の種類

不妊症は一度も妊娠したことのない原発性不妊と、一度妊娠したことがある続発性不妊に分けられます。

不妊症の原因

不妊症の原因は1/3が女性側、1/3は男性側、そして1/3は男女双方に原因があるといわれていますが、続発性不妊の場合は、妊娠・出産により子宮や卵管などにダメージを受けたり、感染症にかかってしまって卵管が詰まってしまったことが原因として上げられ、女性側の原因が大きいようです。

主な不妊症の原因は以下のようなことが考えられます。

卵管障害

卵管障害は受精の場となる卵管が細かったり詰まっていたりして、卵子と精子が出会えない状態のことで、不妊の30〜40%を占めるといわれ、不妊症の最も大きな原因の一つです。

卵管障害は、クラミジアなどの性感染症や子宮内膜症が原因ともいわれています。

排卵障害

排卵障害は卵巣内で卵胞(卵子)が十分に育たない、または卵胞が破裂せず排卵できない状態で、不妊の約25%がこの排卵障害が原因といわれています。

子宮の異常

子宮が二つあったり、子宮の形に異常があったり、子宮内膜に異常があると、せっかく受精しても、受精卵がうまく着床できなかったり、着床しても流産してしまいます。

子宮筋腫、子宮内膜症、性感染症や、人工妊娠中絶による子宮内膜の癒着などが主な原因といわれています。

子宮頸管の通過障害

頸管粘液の分泌が少なかったり抗精子抗体(夫婦の適合性が悪くて妊娠できない場合)が原因で、子宮頸管粘液不全で精子の子宮内への進入が難しい場合です。

骨盤内の病変がある

子宮内膜症、腹膜炎、開腹手術の後遺症などによって、骨盤内に癒着が起こり、卵子の成長や排卵が阻止されるものです。

膣や外陰部のトラブル

半陰陽、腟の欠損や奇形、処女膜閉鎖などのトラブルにより、そのままでは妊娠ができなくなった場合です。

男性側の原因

男性不妊の多くは精子の異常、いわゆる精子がまったくつくられない、数が少ない、奇形、運動性の高い正常精子の数が少ないなど精子が原因である事がほとんどです。

また陰茎(ペニス)が勃起しないために性交ができないインポテンツや、勃起しても女性の腟内にうまく射精できない場合、また精子の通り道である精管が、先天的な異常、開腹手術や事故の後遺症などによって、ふさがってしまったものです。

その他にも糖尿病などの内分泌疾患、高熱性の病気や疲労、過度の飲酒、喫煙、ストレスなどによって、精巣の機能がそこなわれることが原因で不妊になることもあります。

以上のように一口に不妊といってもさまざまな原因があり、また現代の医学では原因がわからない不妊もあります。

不妊症治療

不妊症には薬物療法・ホルモン療法・排卵誘発剤の使用・ビタミン剤、ホルモン剤の投与が行われ、同時にストレスを溜めない環境を整える事が大切だともいわれています。




年間治療実績⇒12,616人(2015年実績)

全国14医院ある上野クリニックでなら

◎自然な仕上がり
◎最先端の麻酔システム
◎24時間のケア体制
◎全員男性スタッフ
◎プライバシーの徹底保護
◎無料カウンセリング
◎翌日からシャワーOK♪

など、安心して包茎手術を受けられる数少ないクリニック。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2019 包茎と包茎手術の基礎知識. All rights reserved